2019年01月08日

シンザン記念と先週のレース回顧


こんばんは~レヴルです
先週のシンザン記念と明け3歳馬のレース
軽く振り返っていきましょう~

2019年、年が明けての最初の3歳重賞を制したのは
ロードカナロア産駒、ヴァルディゼールでした~



ヴァルディゼール強かったですね
1戦馬ながらVISTA TERRACEでは
この馬を高評価の1頭に挙げていました

ロードカナロア産駒はやっぱりレースセンスがいいですね

性格も気が良さそうで競走馬向き、と考えれば
おもったよりサラブレッドの資質は総合的に高そうです
操縦性が高いという言葉はレヴルはあまり使いたくないですが
気の良さもどこからでも競馬ができる自在性に繋がっていそうです

と注目ポイントを述べていましたが
気性がとてもいいですよね、大人しいから折り合える
とかよく言われますが
カナロア産駒が持っている秀でた瞬発力と合わせて
「競馬に、レースに入っての気性がとても優れている」
とレヴル的には感じます
あのG1を何度も勝った父ロードカナロアの様に
とても実践向き・本番向きな才能とセンスを受け継いでいそうです

2着はまさかまさかの1度あることは2度あったマイネルフラップ
やはり抑えておかないといけないと感じた馬でしたね
5戦以上・6戦以上はこない、なんて理由で消した方も
おられるかもしれませんが
僕レヴルは超アナログ予想なのでそんなデータ関係ありません(笑)

それに
とも言っている通り『常識で否定しようとすればするほど
素晴らしい馬たちはその常識を限界突破した最高の走りで超えてくる』

と僕は考えています
なのでマイネルフラップはマークできましたし
レースではその想像すら、イメージすら超えるような脚を見せてくれました
ニシノデイジーと同じようにゆっくり休んでもらって爪を研ぎ
クラシック頑張ってほしいです、これからの走りも期待ですね

3着はミッキーブリランテ
残念ながらレブルの本命・1番手評価は3着でしたが
人馬とも課題込みで良く頑張ってくれたと思います

ディープブリランテ産駒というだけですぐ評価を下げた方もいるのではないでしょうか
血統や配合次第で大種牡馬でなくてもチャンスはある、といった辺りは
ブラストワンピースにも通じるところではありますね

アントリューズは残念でしたが直線なかなか真っ直ぐ走れなかった感じでしょうか
また期待したい1頭ですね、堅実に1歩ずつ前進に期待です

穴馬もしっかり推奨できましたし参考になっていれば嬉しいです
今週末のフェアリーSに京成杯、3歳重賞2つも展望していくのでお楽しみに!


今週出走予定のレヴルの指名馬「1月5日・6日 ミックス版」

こちらも「3-0-1-2/6」と予想以上の絶好調!
今期も見てくださってる方には楽しみな馬との出逢いを
プレゼント出来ていれば嬉しいです
来週も期待馬が何頭かデビューしてくると思うのでそちらも
ぜひチェックしてみてください

この季節ですし基本は「新馬で3着内か勝っても
少しずつ成長しながら完成してくる」この辺りを頭の片隅に
置いておいてもらえればと思います

他にはジュニアカップのディキシーナイトは及第点といった感じで
またじっくり期待したい指名馬ですね

先週はBJ馬や最初のブログの注目馬がよく活躍してくれました
当時でもじっくり期待したい馬・やや晩成と言っていた馬たち
長い経験を経て成熟の時を迎えてきていて
先の先を見据えての推奨でもあったので本当に嬉しいですね
ぜひサイドバーのリンクから過去ブログもお暇な時に見てみてくださいね

こんな感じでシンザン記念と先週のレースの回顧でした
また展望や指名馬記事挙げていくのでご期待ください~

JRA賞も発表され2歳牡馬・牝馬ともに指名馬が受賞
2017-18期より少しずつレベルアップできている気がしています
今年も指名馬には期待ですね、楽しみです

それではまた~レヴルでした
またお会いしましょう~

シンザン記念がおわって何もUPしてなかったのですが
昨日には54人の方の訪問者(純かは?)と100PVほど有難いことに頂きました
1つ1つの記事が石で水を切るように、そしてその波紋が新たな期待と感動に
なっていくようなブログにしていけたらと思っています

マイペースですが頑張りま~す

この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします






ラベル:回顧
posted by レヴル at 21:00| Comment(0) | 2018-19 SEASON’s POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

レヴルのフリートーク Vol.1


こんばんは~、レヴルです
記事にはなかなかできないレヴルが思っているところを
簡単に綴りながら、徒然と記事にしていこうというコーナーです
記事のコメントに実験的に書いていましたがやはりこちらで
軽く書いていこうと思います
ぜひ気軽にご覧ください

タイムフライヤーはここ金杯の負けで嫌われてからが本番だと思っている

まだまだ実力がある馬ですから乗り方一つ流れ一つで
上昇もありそう
和田騎手も色々試しながら考えながら乗ってくれています
ただ馬体がマイル辺りの馬でスタミナがあるという難しいパターン
まだまだ期待していきたい馬、完成は近づいているかも

プライドランドは覚えておくといいかも

ザズーの仔はPOG本の時から見映えしていた気が
今回は三浦騎手ですが長い目でみると穴馬券のチャンスあるかも
姉アルーシャも牝馬ながらしっかり条件戦で競り勝つ強さを見せています

ウォータースペース驚きの走り

予想以上の馬だった・・
キセキ並みのポテンシャルを感じる
これは面白い馬になるかもしれない

今期POGはダート馬でも結果が出ているのが嬉しい

ランダムPOGで指名した馬なんだけど
指名の仕方は父4頭と母父1頭というもの
例えば「父:ディープインパクト」なら
その産駒の中からルーレットソフトみたいなもので抽選になる

僕がどうやってウォータースペースを指名したかと言うと・・
「母父:キングカメハメハ」

これでした


個人馬主は里見さんだけじゃない

ヒシイグアスとヒシゲッコウ
久しぶりにヒシの二枚看板が揃った
どちらもやや晩成でじっくり期待したい馬ではあるが

近年サトノダイヤモンドがG1を勝ってからというもの
サトノ冠名馬ばかりが人気しがちな傾向
その評価額とは反対にそこまで思うような結果が出ていない

一方アドマイヤマーズ・アドマイヤジャスタを持つ近藤オーナーは
好調で波に乗っている
近年ヒシ冠名をPOGで指名する人も少なくなったと思うが
僕はイグアス・ゲッコウを指名しどちらもデビュー戦を勝った

色んな馬を指名することは次の指名を掴むヒントにもなる
馬主もそれぞれの人のポリシーや個性がある

有名な馬主に限らず色んな馬主に注目しておくのもPOGでは
大事になってくるかもしれない

記事リンク:「夢の配合!~」 | Flavor-Fizz




ラベル:フリートーク
posted by レヴル at 11:09| Comment(0) | LEVL's FREE TALK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

重賞展望 VISTA TERRACE 「シンザン記念 Grade 3」


重賞展望 VISTA TERRACE シンザン記念 G3

2019年クラシックを目指す道のりがここから始まります
どうも~レヴルです

さあ年明け1発目の3歳重賞がやってきました
来週の3連休でも3歳重賞2つを迎えますし
1つ1つ大事に見ていきながら
2019年クラシックを読者の皆さんと一緒に
見据えていきたいですね

それではいつものように「高評価3頭+穴馬2頭」
お送りしていこうと思います

ミッキーブリランテ


この馬の血統・馬体からの評価ポイント

  • ミッキーチャーム・ハウメアで昇り調子の母父Dansili
  • 鋭く柔らかさのある馬体で長くいい脚を使う、末脚勝負に強い

1番手はこの馬になりますね
とは言ってもメイショウショウブ・ブレイキングドーンと
人気のない馬の一番手はなかなか結果が出ていませんが
競馬サイトの想定では単勝18倍ほどでしたが今オッズを見ると
3番人気の5.4倍!少しビックリしています

ディープブリランテ産駒で重賞では足りないように見えますが
母父のデインヒル系のDansiliで瞬発力を補っています
ウィークポイントを補うグッドな配合と言えるでしょう

馬体ではしっかりは見えていませんが
伸びのある馬体で全身を使える馬という印象
マイルへの対応が課題になりますが末脚勝負になれば
この馬も引けを取らないと思っています


アントリューズ


この馬の血統・馬体からの評価ポイント
  • ロードカナロア産駒でクラスが上がっても期待ができる
  • 全身を使って長くいい脚を使える、そこがカナロア産駒のセンス

2番手はこの馬になりました
いわゆるソツのない堅実に勝ち上がってきた実績馬
クラスが上がってレベルの高いレースに対応できるかが課題ですが
ここまで勝ち上がってきた走りは疑うこともない実力

この母のシーズオールエルティッシュはPOGでずっと人気していたブランド
その値段や評価ほどに仔はなかなか伸びてこなくて僕レヴルも
指名して失敗、なんてことがPOG初期にはありました

そんな中ロードカナロアを付けたこの仔はブランドらしいセンスを見せて
ここまで着実に走ってきています
この仔にはこれからも堅実に期待してもいい気がしますね


ヴァルディゼール


この馬の血統・馬体からの評価ポイント
  • ケイデンスコールと同じ配合で重賞でも期待が持てる
  • 後肢の蹴りも強く、どこからでも競馬ができる自在性が持ち味

3番手評価はこの馬に
まだ新馬戦しか勝っていない馬ですがその新馬戦で
素質を感じる走りを見せてくれました

血統はレヴルの指名馬ケイデンスコールと同配合
母系も仕上がり早めな印象ですし
重賞いきなりでも相手なりに走れるかもしれません

馬体は後肢の蹴りも強くこれから磨いていけば
クラスアップも期待できそうです
性格も気が良さそうで競走馬向き、と考えれば
おもったよりサラブレッドの資質は総合的に高そうです
操縦性が高いという言葉はレヴルはあまり使いたくないですが
気の良さもどこからでも競馬ができる自在性に繋がっていそうです

ここからは簡単に穴馬

ハッピーアワー


前走は展開も向きましたが
とても前向きな性格で競走馬向き
ここも来れたらストーミーバローズ君並みの頑張り屋認定ですね

ハービンジャー×ディープインパクト
レヴルがずっとイチオシしてる血統で
昨年の同配合グラディーヴァの激走も記憶に新しいと思います
母父ディープは日本競馬向きの瞬発力を仔に伝えますし
ポテンシャルも壁破りの配合、ハイレベルレースでも
激走を期待できる血統でもあり、ここで再度期待ですね

マイネルフラップ


くしくもアーデンフォレストの千両賞で勝ちを決めた1頭
レースの流れに上手く乗る力もあり相手なりに期待できそうです
ヴィクトワールピサの追い込み馬も珍しく何か持ってそうな馬
レース経験の豊富さもまた期待できる材料ではないでしょうか



Remember Horse


      • ミッキーブリランテ
      • ヴァルディゼール
      • パッシングスルー

さてここからは新コーナー「Remember Horse」
レヴルが重賞展望で語り尽くせない
「印を回せるか分からないけどこの馬は覚えておいてほしい!」
そんな馬たちをご紹介するコーナーを新たに作ってみました

記事リンク:「3歳重賞 LOOK~」 | VIEW-CLASSIC(exBLOG)

先ほどの中山金杯でもレヴルが以前重賞展望で
覚えておいてほしい馬と言っていた馬、ステイフーリッシュが
7番人気2着、人気薄で好走しました

レヴルの推奨は成長して完成したその先
2歳重賞なら4歳5歳まで含めた指名馬紹介や推し馬紹介だったりもします

そんなこれから覚えておいてほしい、一目置いてほしい馬を
何頭かお伝えしようと作ってみました
今回のシンザン記念ではこの3頭、ぜひメモしたりチェック入れてみたり
覚えておいてみてくださーい

こんな感じでシンザン記念の重賞展望 VISTA TERRACEお伝えしました~
それではまた~

この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします

ラベル:3歳重賞
posted by レヴル at 17:28| Comment(1) | 重賞展望 VISTA TERRACE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

今週出走予定のレヴルの指名馬「1月5日・6日 ミックス版」


2019年新年も競馬が始まりますね~
さて今年は競馬界にとってどんな1年になるのでしょうか楽しみです

2019年は降級制度の廃止やリステッド競走、スリーアウト制など
様々なJRAの新しい取り組みが始まるみたいですが
今年もレヴルの視点で様々なことをお伝えしていけたらと
思っています、どうぞよろしくお願いしまーす

新ルールに関しては他記事にてリンクをまとめているので
そちらもぜひ見てみてください

記事リンク:「新年のご挨拶~」 | VIEW-CLASSIC


さてそれでは今週のレヴルの指名馬・注目馬について
触れていきたいと思います

1/5 中山 5R 新馬

ダンスディライト

  • やや晩成 マイル~中距離が良さそう
  • 一昔前の定番配合ながら素質はありそう

ダンスインザムードの仔で指名はしていませんがリストに入っていて
指名馬を探す中で目に入った1頭
姉カイザーバルも頑張っていますし母の繁殖としての活力はまだあると思います
長い目で期待したい1頭ですね



ヒシゲッコウ

  • 馬体はパワーがまだ足りなそう、京都&ローカルで
  • SSもあってしっかりした血統構成

こちらはステルヴィオの弟になるルーラーシップ産駒
ルーラーシップ産駒だけに仕上がりは遅くなりそうですが
ヒシイグアスが予想以上に走ってくれたので
こちらも期待していきたい1頭ではあります



京都 1R


ウォータースペース

  • 母はプティプランセス
  • ブラックタイド×キングカメハメハで期待できる血統

こちらはランダムPOGでランダムで指名した馬
どうなるかな~と思ってましたが
デビューもしてくれて新馬戦4着と期待できる内容
馬体は見れていませんが1歩ずつ期待したい馬ですね



プロム

  • 母は秋華賞2着のレインダンス
  • 持続タイプの配合でしぶとい走りができそう

母名しりとりPOGで指名候補になった1頭
母はレインダンスで父はワークフォース
未勝利ではなかなか勝ちきれていませんが連続2着もある馬
距離を伸ばした方が良いような気もしますね

どこで走るか掴みづらいですが晩成血統ですし
調子が上向いた時には狙ってみても良さそうです
成長力に期待ですね


5R 新馬


シュリ

  • 少し重めの馬体 出来上がってくれば楽しみ
  • こちらも持続タイプになりそう

POGで早くから見つけていた馬ですね
やはり2歳G1馬2頭をおすすめしてから
今になって考えると物足りない部分は多少ある気がします
ですが厩舎は池江厩舎で川田騎手も乗ってくれる様子
総合的な底上げを期待できる素地はある気がしますね

成長などこれだけデビューが遅れた要因もあると思いますし
じっくり期待したい馬、人気になりすぎるようなら
軽視してみてもいいかもしれません


1/6 京都 5R


モンドヌーヴォー

  • レヴルイチオシの血統 母父スペ
  • 母は3連勝したこともあるラフォルジュルネ

また僕レヴルが好きな血統馬の登場です
この仔の姉ノヴェレッテは取り上げていましたが未勝利で地方へ
しかしながらその時にも言ったように思いますが
ラフォルジュルネはいいお母さんになる気がしています
ここからまだまだ勝ち上がっていってもらいたい馬ですね
成長が伴ってくると期待できる気がします


こんな感じで少しCSSを取り入れて
新年初になる今週出走のレヴルの指名馬紹介してみました
いかがでしたでしょうか
少し見易くなっていたら嬉しいです
シンザン記念の方も今日か明日には展望していくのでお楽しみに

それではまた~、レヴルでした

この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします

ラベル:POG
posted by レヴル at 09:36| Comment(0) | 2018-19 SEASON’s POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。