2019年01月27日

外国産馬登場!レヴル期待の指名馬たち「1月27日 日曜日版」








今週も楽しみな馬がデビュー!
おはようございます~、レヴルです

日曜日も個性的な馬たちが出走します
先週2頭期待の馬をお伝えしていましたが
残念ながら1頭は除外となってしまいました

その馬はまた来週のお楽しみということで
今日もいつも通りやっていきたいと思います

今週出走予定のレヴル期待の指名馬

では日曜日の期待の馬たち見ていきましょう~

1月27日() 東京6R

アイワナビリーヴ
ゴールドアックス
パシフィスタ


京都6R

セルプランタン
ユニコーンライオン

先週言ってた外国産馬がこのユニコーンライオン
ニコ生ランダムPOGでもこの種牡馬はこの馬1頭なので
しっかり指名してます
外国産馬だけに仕上がりがやや遅くなるかもしれませんが
楽しみな1頭です


中京2R

ガールズロック


中京7R

ブランシェット


日曜版もまたシンプルになっちゃいましたが
とりあえずこれでお伝えしておきますね
楽しみにしてくれてた方遅くなってごめんなさい

またデザインは後で手直しして解説も+しておきます!
こんな感じで日曜日の期待の馬たちを紹介しました~


それではまた~、レヴルでした~

いつも押してくださってありがとうございます
この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします





続きを読む


ラベル:POG
posted by レヴル at 07:24| Comment(0) | 2018-19 SEASON’s POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

今週出走のレヴル期待の指名馬たち「1月25日 土曜日版(シンプル版)」


実績ある母の仔がデビュー!
こんばんは~レヴルです

この土曜日版は簡易版ということで
やっていきたいと思います
また日曜版は明日更新したいと思います

ちょっと今週は忙しくてなかなか更新できませんでしたね
2月に入るともう少し更新できると思います

まあ日曜日頭数が多そうならまた簡易版になるかもしれませんが
先週のフリートークでお伝えした馬たちも登場するので
ぜひお楽しみに~

また後でいつものスタイルにアップデートしてもいいかな~と
思ってます


今週出走予定のレヴル期待の指名馬


京都5R 

リャスナ

ステファノス、僕の指名馬フィニフティの妹ですね
配合は相性良いと思いますし
じっくり期待していきたい馬ですね


中京6R

ラバーズケープ

成長してくれば1歩ずつ期待できそうです


東京1R

マイティウェイ

芝の方が期待できそうですかね
高木調教師もまずまず調子良いですし
じっくり期待の1頭ですね


東京5R

エクスプローシブ
エールディヴァン
ゲインスプレマシー


こんな感じで期待できそうな順に紹介してみました
日曜分はまた明日ご期待ください~
それではまた~、レヴルでした~


いつも押してくださってありがとうございます
この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします


今日の3歳戦の気になる馬について「続きにて」書いてみました


続きを読む
ラベル:POG
posted by レヴル at 21:52| Comment(0) | 2018-19 SEASON’s POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

LEVL's FREE TALK Vol.2 「AJCC週で思ってることなど 」


こんばんは~レヴルです
第2回となりますね、LEVL's FREE TALK やっていきたいと思います

呟き感覚で気軽に思ったことを更新しながら書いていく形式のこのコーナー
お暇な時にページを更新しながらご覧ください

フィエールマンはディープインパクトの正統後継にもなりうる器

いきなりインパクトの大きい話題がドカンとやってきましたが(笑
この馬はサイドバーからも見られる1番目のJUGEMブログでも
新馬戦の時から取り上げたレヴルも期待する楽しみな若駒で

仮にフィエールマンの3戦目ラジオNIKKEI賞2着までの戦績を
フィエールマン以外の馬がキャリアとして持っていて
一流外国人騎手のルメール騎手が乗っていたとしても
アナログブログで珍しく確率の話をしますが
100回走って80回は良くて7着8着~13・14着くらいだと思います
あと20回は掲示板前後かな~といった辺りでしょうか

いつも競馬を見てるファンの方なら分かると思いますが
重賞も2着でG1に4走目で挑戦した場合ほとんど好走なんて難しいと思います
それぐらい、G1のレースの流れの中で掲示板に乗ることも簡単じゃない

今年の菊花賞馬の様にとても遅いペースであっても多くの他の馬の方が
レース経験もありますし走りは磨かれているのでチャンスになる可能性が
やっぱり大きいと思うんですよね

そこを100回走って1回連対することも難しいかもしれないところを
1回走ってその1回目で優勝してしまう

それはもう他の馬の何倍もの素質と能力がないとできないこと・・だと思います
だから僕レヴル個人的にはとんでもない馬だと思っていますね
そして従来G1を勝つようなディープ産駒は2歳・3歳春から重賞を勝っていき
一気に能力が開花してクラシックで素晴らしい走りと活躍をして上り詰めていきますが

この馬は身体がそれほど強くなく大事に使われて成長を促しながら育てられてきた
そこにこれまでのG1を勝つディープ産駒とは違いピークを長く保ち
上を目指して活躍していける条件や態勢・環境が整っている、とも考えられますね

これからフィエールマンが何を目指しどこで走るのか
本当に楽しみにしたいと思います


素質馬ヴェロックス、若駒S勝利でようやく賞金加算

本当は東スポ杯で連対して賞金加算も出来たと思うんですけどね
Flavor-Fizzで東スポ特集見て参考にしてくださった方
お待たせしましたって感じでしょうか
東スポ杯のヴェロックスは直線で接触があった様子で
それもあって勝ち馬ニシノデイジーと0.0差ですから本当に惜しい競馬でした
その色んな悔しさをヴェロックスは自らの走りで払拭した
そんな素晴らしい若駒Sでした

ヴェロックスOP快勝から見えてくる新種牡馬ジャスタウェイの可能性

昨年2歳リーディング絶好調だった新種牡馬ジャスタウェイ産駒
ところがアウィルアウェイの怪我もあり少しずつクラスも上がり活躍も難しくなって
スピード一辺倒のマイラー種牡馬なんて言われ始めましたが
昨年末からそれを一気に覆すような活躍を見せています
それはアドマイヤジャスタの2歳G1ホープフルS2着と今日のヴェロックスの若駒S優勝

牡馬に関しては中距離のレベルの高いレースで活躍を見せ始めている
これは父ジャスタウェイの奥行きを感じさせる活躍ですね
僕は5月の人気馬ジャッジでもアドマイヤジャスタを
「クラシックもその先も長く楽しめるビューティフルホース」と書いていましたし
これからも配合次第でも長距離も狙える楽しみな種牡馬になると思います
ハービンジャー・ルーラシップがデビューした初年度はそれほど活躍していませんでしたが
このところのハービンジャー産駒の活躍は目覚しいものがありますし
ルーラーシップもキセキを輩出したり良駒を少しずつ出し始めています
僕レヴルは「新種牡馬は5年見ろ」というのが個人的なスタンス
ジャスタウェイもたくさん仔が産まれるのを期待したいですね

ヴェロックスの注目ポイント:コンディションを高く保つ才能がある

この馬は東スポ杯の時も調教が良くコンディションは良かった様子で
今回も調教は良く、仕切り直しでも状態がイマイチということはないみたいでした
ヴェロックスは常時コンディションを高く保てる馬、なのかもしれません
競馬で「仕上げやすい馬、仕上げにくい馬」という噂を聞いた事あるかもしれません
ルーラシップやハーツクライは叩いた次走2走目が狙い目とかよく言われてますが
比較的仕上げ易い、コンディションの良い馬なのかもしれません
と書いていたらそういえば2走目コンディション悪かったみたいな噂あったなあと
思い出しましたが須貝厩舎でも何か良い調整ノウハウを掴んだのかもしれませんね
重賞・G1となればまた相手関係と相談になりますが、これからが楽しみです

イタリアンレッドの仔アルデンテが新馬戦で2着

色々書いてたのですが消えちゃいました、なので簡単に
やはりピーン!ときていた通りまずまず素質ありそうな馬でしたねアルデンテ
実績ある牝馬が母となった時にその1番仔・2番仔は注目となりますね
一口馬主・POG的にも繁殖牝馬・母への理解が大事なポイントになってきます
少し気に留めておくだけで
ウィルパワーーインディチャンプーアウィルアウェイや
ラルケットーステルヴィオーヒシゲッコウのラインも見えてきます

ドナウブルーの仔ドナウデルタもレヴルはあえて重賞で触れませんでしたが
兄イシュトヴァーンを元々ブログorTwitterで注目馬として書いていました
なので新馬戦前のイシュトヴァーンに出会った時に
「あ、これドナウブルーはいいお母さんになるな」と分かっていたんですよね
そのデビューしてすぐは結果が出なかったイシュトヴァーンも
いまや2連勝でオープン入り
晩成でいい馬になると思っていた通りの活躍をしてくれています
それが分かっていてドナウデルタもやや晩成かな~と思っていたので
あえて触れていませんでした
ドナウデルタも2周くらい回って成長してきた時に期待ですね
これからのドナウブルーの仔にも期待です

レヴル期待の指名馬たち
ヘッドオブステートとアンドラステが
それぞれ単勝7番人気・5番人気で快勝!

これは最高の結果になりましたね
現代の競馬、特にルメール・デムーロ騎手が日本の騎手免許を取得してから
予想ファクターが「外国人騎手」に振り切れている印象ですね
そこでやはり大事になってくるのが「馬の能力と素質」、これは競馬の基本です
2頭とも騎手は田辺騎手と中井騎手でしたが上手く乗ってくれて勝利
日曜日の指名馬は特に少ない頭数でしたが良い結果が出たと思います

社台RHクラブ馬の活躍!
今日は社台RHの馬が活躍しましたね
先程の話に続きますが今週の指名馬として取り上げたヘッドオブステート・アンドラステ
2頭とも偶然にも、本当に偶然にも社台白老ファーム生産の社台RHクラブ馬でした
レヴルはタイムフライヤーを指名してからというもの「社台白老ファーム推し!」の人であります
だからこそ推奨できた2頭だった、とも言えますね
それにアルアインを指名していた頃は「ノーザンファーム!ノーザンファーム!」一色でした
POGで結果を出そうと思ったらそうなってしまいますが
個人的には今は「社台RHクラブ馬推し」でもあります
この2つの推しが重なる2頭の勝利は最高でした
これで少しは「白老マイスター」に近づいたかな?と思っています
また白老ファームで色んないい馬がいたらお伝えしていきたいと思っているので
ご期待ください!

リスト馬・気になる注目馬シトラスノートの勝利

Flavor-Fizzから見てくれてる人は馬券的にも良かったのではないでしょうか
シトラスノートは名前もちょっと個性的で今期気になる1頭だったのです
う~ん、これ以外にもしっかりシトラスノートのこと書いてたと思うのですが
出てこないですね、まあ遡ればしっかり書いてあると思うんですが(笑
2戦連続3着からの素晴らしい勝利でした

Tweetでも呟きましたがVIEW-CLASSICに復活したのは12月
11月以前は個人ブログFlavor-Fizzにてちょこちょこ書いていたので
11月以前のレヴルの指名馬注目馬も気になる方はぜひそちらも見てみてください
「大展望編・大特集編・指名馬一挙公開の記事はサイドバーにまとめてリンクしてます」
シトラスノート、ポテンシャルもありますしこれからが楽しみですね

今日のリスト馬たちの勝利はレヴルの相馬の成長を証明してくれた結果になりました
最初のJUGEMブログの頃が相馬人とすれば今はスーパー相馬人でしょうか(
自分でも毎年磨き続けてきた相馬がここにきてかなり極まってきた感触もありますし
今年の競馬も楽しみですね

来週も楽しみな指名馬が登場予定

リスト全体をまだ全然整理できてないんですが
今少し見てみただけでも2頭来週出走予定の馬がいました
1頭は調教結構良さそうな感じで素質ありますね
もう1頭はFlavor-Fizzからもひさびさの外国馬登場です
2018-19期はキャロサンレーだけじゃなく
ロードに社台RH、ワラウカドにレッド
それに加えて外国馬もチェックしていたんですよね~
たくさんのクラブをチェックしましたね、予習です
そういう1つ1つがより相馬を高め良い結果に繋がったと思いますね
今週は2頭僕レヴルの外国馬の指名馬がいました
トップソリスト&デュアラブル、どちらも2着と好走しました
予習の甲斐もあり随分指名の幅が広がったと思います
来週の指名馬・リスト馬もお楽しみに~
今回のフリートークはこんなところにしておこうと思います

いつも押してくださってありがとうございます
この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします



ラベル:フリートーク
posted by レヴル at 22:56| Comment(0) | LEVL's FREE TALK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

今週出走のレヴル期待の指名馬たち「1月19日・20日 ミックス版」


先週の3日間開催も終わりいよいよクラシックへ向けて
出走できる権利を取れるかどうかの大事な時期に入ろうとしていますね
こんばんは~レヴルです

昨年6月から始まった新馬戦ですが
それもはや年明けの1月下旬に差し掛かろうとしているところ
クラブ馬の有力どころはほぼデビューしましたかね~

2019年年明けのルール改正によりすぐに明け3歳馬9月の
「スーパー未勝利」がなくなってしまうのか
まだ把握できていませんが(詰めが甘い)

これからの「レヴルの期待の指名馬たち」
土日に「既メイン指名馬1頭」の割合になってしまうかもしれません
(リスト馬はこれからもそれなりに出てきそう)

でもまだまだレヴルが実力があると思っていて楽しみにしている
未デビューの指名馬・注目馬がいるので引き続き見て頂けると嬉しいです


今週出走予定のレヴル期待の指名馬

今週は土曜・日曜ミックス版になりますね
それでは今週出走する楽しみな指名馬たちを見ていきましょう~

1月 19日 ()

中山 5R 

ガロシェ

  • 桜花賞馬キストゥヘヴンの仔
  • 成長良化型のルーラーシップ産駒

桜花賞馬キストゥヘヴンのルーラーシップっ娘
リストに入っていた馬ですね

サンデーレーシング×白老ファーム
現時点ではややマイナーなタイムフライヤーでG1を勝ったコンビ

少しずつ成長してきていて着順も上げてきていますね
このままの調子で成長していけば未勝利も勝ち上がれるチャンスも
やってくるかもしれません


京都 2R

フェリシタシオン

  • 北海道セールで購買されたキャロットクラブ馬
  • やや晩成の芝でも楽しみなルーラシップ産駒

この馬もまたどんな走りをするか少し注目の
ルーラーシップ産駒ですね

仕上がりはやはり遅めですがその分楽しみとも言えると思います

ダートデビューとなりますが
ルーラシップ産駒は通算で芝147勝のダート51勝
芝でも少し期待してみたい馬


京都 4R (注目馬?)

アルデンテ

  • 重賞3勝イタリアンレッドの娘
  • 堅実に楽しめそうなエンパイアメーカー産駒

リストには入っていませんでしたが
イタリアンレッドは繁殖として気には留めていた気がするので
目に入った1頭

母父ネオユニヴァースはダービー3着コズミックフォースもいますし
奥を感じる血統構成

エンパイアメーカーが良い方に出れば
母は重賞3勝している実績馬、期待そうですね
どんな走りをするか注目したいと思います


京都 6R

オウケンドーン

  • ノーザンファーム生産馬
  • ロードカナロアを育て上げた安田隆行厩舎のロードカナロア産駒

リストに入っていたロードカナロア産駒になりますね

ノーザンファーム生産馬でロードカナロアを管理した安田隆行厩舎に
預けられたロードカナロア産駒

その様な背景ともなれば人気も沸きそうですが
ここまではなかなか苦戦ともう1歩の様子

これからの成長は見込めそうですし
初戦のような競馬が出来れば順番は回ってくるかも?
1歩ずつではありますが勝ち上がっていってほしいですね


1月 20日()

中山 4R

ヘッドオブステート

  • 京成杯でも魅せたキングカメハメハ×ディープインパクト
  • これから伸びてきそうな美浦大竹厩舎

こちらもリストに入っていた1頭

このブログではお馴染みの配合ですね
京成杯でも期待に応えた血統

白老ファーム生まれの社台RHの馬
これから期待できそうな美浦の大竹厩舎所属となりますね

社台RHではキングカメハメハ産駒は期待できる気がします
成長はまだこれからですが期待したいですね


京都 6R

アンドラステ

  • またまた登場の社台RH×白老ファーム
  • 中内田厩舎で牝馬ながら胴長の馬体

この馬は既に指名している期待の馬ですね
ようやく出てきてくれました、そんな感じの指名馬となります

父はオルフェーヴルでこのところなかなか難しいところも出てきていますが
胴長で長距離に向いたスタミナがありそうな馬体をしています

厩舎は中内田厩舎でしっかり成長を促してくれそうですし
じっくりしっかり、期待していきたい馬ですね



シルヴァーソニック

  • 阪神牝馬特別勝ちのエアトゥーレの仔
  • 池江厩舎のオルフェーヴル産駒

この馬はリストに入っていた1頭ですね
母は皐月賞馬キャプテントゥーレを生んだことでも有名なエアトゥーレ

仕上がりはやや遅くなりそうですが
池江厩舎のオルフェーヴル産駒ということで
しっかり成長を促しながら仕上げていってくれることを期待したいですね



今週の「レヴル期待の指名馬たち」お届けしました~
いかがでしたでしょうか、ルーラーシップ産駒にオルフェーヴル産駒と
年明けデビューの仕上がり遅めな種牡馬の仔たちが出てきましたが
1走1走経験して成長に、昇級に繋げていってほしいですね

Twitterに呟いた通り
金曜日まで更新がありませんでしたが
これから少しずつ何か更新していこうかなと思っています

先週の3日間開催もフリートークで回顧でもしようかな、と考えています
またお暇な時にぜひ3歳戦にチェックしてお役立て&ご覧ください

それではまた~レヴルでした


いつもバナー押してくださってありがとうございます
この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします


最後に先週について続きにて軽く一言

続きを読む
ラベル:POG
posted by レヴル at 23:02| Comment(0) | 2018-19 SEASON’s POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

重賞展望 VISTA TERRACE 「京成杯 Grade 3」


重賞展望 VISTA TERRACE 京成杯 G3

牡馬クラシックへ向けて展望が開けるレースとなるか
こんばんは~レヴルです

新馬勝ちや特別組など面白いメンバーが揃いましたね
若駒たちの素質溢れる良いパフォーマンスが見られそうです
楽しみなレースですね

それでは定番の「高評価3頭+穴馬2頭」の
展望と解説やっていきましょう~~

ダノンラスター


この馬の血統・馬体からの評価ポイント

  • ディープインパクト×米国系パワー血統配合
  • 美しい長い四肢を持つ中距離に適性のある馬体

なかなかここの1番手評価は悩みましたね~
色々考えてましたがこの馬に決めました

2重賞連続でディープブリランテ産駒を1番手としてきましたが
ここで原点回帰のディープインパクト産駒ですね

こうして書いている間にふと思いついたのですが
「京成杯にディープインパクト産駒が出走するのって珍しい」
のかな~なんて

この馬に関しては東スポ杯に出走した時に
楽しみな注目馬として触れていました

記事リンク:「16頭の大激戦!~」 | Flavor-Fizz


新馬戦は2000mで快勝
200mの距離短縮で展開が激しい東スポ杯で
追い込んで5着まできました

やっぱりディープインパクト産駒で重賞2000mとなれば
ゆったりした流れからの瞬発力勝負に向いているんじゃないか
思って1番手評価に

馬体は胴がゆったりしていて四肢も綺麗で長く
2000m付近のレースに向いている馬体をしていると思います
飛節といって後肢の膝辺りの関節も柔らかく
ディープインパクト産駒らしい瞬発力を受け継いでる印象ですね

高い素質馬の集まる東スポ杯に挑戦して
レベルの高いレースも経験してきました

お手馬がいると他の馬に乗る時に結果が出ないこともあるかも?
という話はVIEW-CLASSICやFlavor-Fizzで話したことある気がしますが
デムーロ騎手は既にクラシックで乗るお手馬が決まっているのが不安ですが
何とか上位を期待したいですね


シークレットラン


この馬の血統・馬体からの評価ポイント

  • ダンカーク×キングカメハメハの良配合
  • 強さと柔らかさを感じる馬体で瞬発力がある

2番手評価はこの馬

血統はこのところずっと評価している
母父キングカメハメハ
父はダンカークでスピードが足りなさそうな部分を
配合で上手く補っている良配合ですね

馬体はピリッとした鋭さもある馬体
瞬発力もありそうです

現時点である程度は成熟している雰囲気もありますし
このレースでもアドバンテージがある印象ですね

堅実に期待できると思います


ランフォザローゼス


この馬の血統・馬体からの評価ポイント

  • キングカメハメハ×ディープインパクトの良配合
  • 全体的にどっしりとしていてスタミナ豊富な馬体

高評価3頭目はこの馬ですね

血統はレヴル一押しの母父ディープ
このレースだけでも
母父ディープインパクトが数頭出走していて
いかにディープインパクトが母父として台頭してきているか
表している気がしますね

現日本最高レベルの馬キセキはその先駆けになりますね

馬体は重くどっしりとしていて
長距離適性に長けたスタミナタイプの馬だと思います

この馬は前走ではなかなか直線進路がなく
能力を発揮しきれなかった様子ですが
素質はあると思いますし再度期待してみたいですね

PO馬だった現500万の兄リシュブールと同配合の馬
兄もなかなか成長が遅れている感じもしますが
この馬もこれからが楽しみな伸び代のある馬だと思います

ヒンドゥタイムズ


この馬もハービンジャー×ディープインパクト
シンザン記念ではハッピーアワーが残念でしたが
やはり魅力ある配合ですね

馬体は素質を感じる馬体で
トモも発達していてハービンジャー産駒とは思えない瞬発力があります

新馬戦でいきなり重賞挑戦となりますが
ポテンシャルはあると思います


リーガルメイン


新馬・未勝利と堅実に競馬をしてきたハービンジャー産駒
長くいい脚を使いそうで自在性もありそうですね
馬体は胴が長めで長距離適性がありますね
展開が向けば面白そうな1頭



Remember Horse


      • ラストドラフト
      • ダノンラスター
      • ランフォザローゼス

簡易版:月曜のレヴルの指名馬
忘れてました、1頭だけ・・いたので書いておきます

中山 5R レディグレイ

リストに入っていたティフィンの仔
成長したら面白そうなキンシャサノキセキ牝馬ですね

京都6R トップオブメジャー

友道厩舎から指名馬を探していた時セリで見つけていいと思った
この子にしようか悩んでいました
でも少し物足りなさがあってその後見つけたのが
アドマイヤマーズでした、この仔も
素質あっていい馬だと思います
同じ友道厩舎で成長にも期待ですね

以上3日間競馬の3歳重賞2つ目、京成杯の重賞展望お伝えしました~
クラシックへ向けて1頭1頭丁寧に見ていきたいですね
それではまた~、レヴルでした~

この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします


ラベル:3歳重賞
posted by レヴル at 22:51| Comment(0) | 重賞展望 VISTA TERRACE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

一挙集結!レヴル期待の指名馬たち 「1月13日 日曜版」

3連休の競馬始まりましたね~
調子はいかがでしょうか~
こんばんは~レヴルです

2019年の年が明けて華やかな舞台を目指して
素質ある若駒たちがスタートラインに立とうとしています

早い仕上げが上手い厩舎、遅いけどじっくり仕上げる厩舎
色んな厩舎がありますが
じっくり育成され成長してきた素質馬たちもまた
魅力的な馬たちです

見逃さないようにチェックしていきたいですね


今週出走予定のレヴル期待の指名馬

ではでは日曜版は頭数はあまりいませんが
一挙集結!となった日曜版のレヴル期待の指名馬
紹介していこうと思います~


1月13日(日) 中山3R (注目馬)



フラッシングジェム

  • エイシンフラッシュ×アグネスタキオンの良配合
  • 美しい見栄えで全身がスラッと長く素質を感じる馬体

この馬は大して情報もなかった馬なのですが
目を引く馬体で「おっ」と思ったので注目馬としてみました

母は中央3勝馬のロマンシングジェム
知ってる人は知ってるかもしれないお馬さん

エイシンフラッシュ産駒ディープブリランテ産駒
に足りないもの、課題はやはり「瞬発力」になってくると思いますね
そこを補ってあげる配合がまずいいのではないかと思います

母父アグネスタキオンノンコノユメアクティブミノルなど
個性派の馬を出していて活躍しています
長くしぶとい走りが持ち味ですし
軽さのあるエイシンフラッシュ産駒には合っている気がします

馬体も全身スラッとしていてスケールと素質を感じる馬体をしていますね
ソツのない馬体で首周りもしっかりしていますし
エイシンフラッシュ産駒を加味してとなりますが
サラブレッドとしての資質は高そうです

ダートでデビューとなりますが、芝でも見てみたい血統ですね
仕上がりはエイシンフラッシュ産駒だけにやや晩成となるでしょうが
楽しみな馬ですね


京都 6R 3歳新馬
レースそのものを覚えておいてほしい時に
レース名などに色を付けています

トーセンスカイ

  • 期待のトーセンラー産駒
  • 胸前とトモが発達してメリハリのある良い馬体

グロリアスホープのコーナーで呟いた
期待の新種牡馬産駒3頭の内の1頭

トリック・グロリアスホープともに新馬戦は10着となりましたが
この馬はうまづくりのプロ!である2018調教師リーディング 藤原厩舎所属
サラブレッドとして底上げを期待できる環境に恵まれていると思いますし
鞍上も武豊騎手が騎乗、騎乗でもしっかりと教え込んでくれるでしょう

トーセンラー産駒はスピードもまずまず豊かだと思いますし
ディープ後継種牡馬では来年キズナなど新たなディープ後継が登場しますが
悪くないと思います
なので出来れば今年の内に結果を出したいところですね、頑張れ

馬体は胸前・トモともに発達していてメリハリがあるのが良いですね
ポテンシャルはあると思いますし
やや晩成だとは思いますがこれからの成長が楽しみな馬です



ジェットモーション

  • ハーツクライ×シンボリクリスエスの良長距離配合
  • 個性のなさが逆に良い個性となるオーソドックスな馬体

この馬も個人的に期待の1頭になりますね

血統はハーツクライにダービー馬レイデオロの
母父でもあるシンボリクリスエスという長距離向きの配合

かなり重そうな配合ですがその血統通り仕上がりが遅めで
年明け3歳でのデビューとなりました

馬体は個性のなさが逆に個性となるオーソドックスな馬体をしています
スタミナ長距離配合だけに上半身の発達と心肺能力で勝負していく
形になりそうです

オーソドックスな配合にオーソドックスな馬体
これが目立たないながらもジェットモーションの持ち味になるでしょう

仕上がりもまだまだこれからになるでしょうが
1歩ずつ階段を駆け上がっていってほしい個人的に応援したい馬ですね



ジェラーニオ

  • 少しずつ活躍馬がでている潮流に乗るブラックタイド産駒
  • 全身が発達した筋肉量豊富なマッチョな馬体

この馬は前個人サイト「Flavor-Fizz」でも
5月の大特集編でおすすめ馬として推奨していた馬

記事リンク:「POG2018~19期の~」 | Flavor-FIzz


シルクレーシングの期待の馬ですね
厩舎もブラストワンピースで有馬記念を制した大竹正博厩舎
文字通りブラストワンピースの後輩として注目していた馬です

血統はキタサンブラックや東スポ杯2着のアガラスを筆頭に
少しずつ活躍馬が出始めているブラックタイド産駒

先日のヒシ2頭と同じくアガラス・ジェラーニオ共に注目していた
レヴルが「ブラックタイド産駒の上昇を予想していないはずもなかった
といった感じで今年のブラックタイド産駒は一味違うぞ!という雰囲気は
この2頭から伝わっていましたね
(とはいっても1頭はクラシックでどこまで、この馬はこれからですが)

馬体はとても筋肉量豊富な力強い馬体をしていますね
阪神などパワーの必要なコースでも力を発揮できそうな印象を受けます

成熟してくるのはまだまだ先でしょうが
とてもパワー溢れる馬体でこれからが楽しみな馬ですね


といった感じで日曜版の「レヴル期待の指名馬たち
お送りしてきました、いかがでしたでしょうか
頭数は少ないですが1頭1頭じっくりお伝えしました

ぜひ日曜の京都6R新馬戦はチェックして頂いて
今後の参考にして頂けたら嬉しいです

明日は京成杯の展望もやっていくのでお楽しみに
それではまた~、レヴルでした~

この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします



ラベル:POG
posted by レヴル at 23:50| Comment(0) | 2018-19 SEASON’s POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

重賞展望 VISTA TERRACE 「フェアリーS Grade 3」


重賞展望 VISTA TERRACE フェアリーS G3

牝馬クラシックを目指す激しい競走がここから始まります
こんばんは~レヴルです

出走を予定していた人気馬数頭が除外となってしまいましたが
どの素質馬にもチャンスのある舞台になりました

やはり一目置いておきたいレースですね
これから先を見据えてもしっかりチェックしていきましょう

それではいつもの「高評価3頭+穴馬2頭」の
僕レヴルのこのレースの見解と解説やっていきたいと思います

グレイスアン


この馬の血統・馬体からの評価ポイント

  • ディープブリランテ×ファルブラヴとなる幅のある配合
  • 心肺能力も高そうな上半身と全体的なポテンシャルの高さ

重賞展望 VISTA TERRACEが始まって以来
いくつかの重賞を展望してきましたが
自分の中で期待したい馬を人気に関係なく評価してきました

今回のフェアリーS展望ですが
ここで1番人気馬に置きに行ってもいいのですが
それをしてしまうとこのコーナーも
面白くなくなってしまうんじゃないかと(笑)

やはりこれだと思う1頭を挙げようと思って
この馬を1番手評価にしました

ミッキーブリランテに続く
またまたのディープブリランテ産駒

重賞ではまたワンパンチ足りなそう・・と思ってしまいそうですが
そこは母父ファルブラヴの出番でしょう

実績としては3歳にしてマイルCSを制覇したステルヴィオ
圧倒的なスピードで桜花賞を制覇したハープスター
2頭のG1馬を出しています

馬体もしっかり見れていませんが胸前辺りも発達して
心肺能力も高そうで素質を感じます

除外されても出走した新馬戦で戸崎騎手が乗ってくれて
このフェアリーSへ
引き続き戸崎騎手が乗ってくれます
戸崎騎手も期待している馬なのでは、とも思っちゃいますね

タイムの出るスピード競馬への対応が課題にはなりますが
スタミナの必要なレースになればチャンスはあると思います



アクアミラビリス


この馬の血統・馬体からの評価ポイント

  • クイーンズリングの妹でスケールの大きいヴィクトワールピサ産駒
  • 全身を使った走りで現時点でも完成度の高い馬体

2番手はやはり1番人気のこの馬
堅実にいくならこっちでしょうかね
先ほどの1番手評価グレイスアンとどちらを1番手に取るか
迷った馬でもあります

とにかくスケールが大きいヴィクトワールピサ産駒!
クイーンズリングの妹ともなればそうでしょうとなるのでしょうか

父ヴィクトワールピサではありますが
母父のAnabaaに始まり長距離の重厚な血統に支えられて
血統面のベースもしっかりある牝系に奥行きを感じます

馬体も現時点で完成度も高い、というか
スケールが大きい為現時点でもかなりの能力を持つ
と表現した方がいいかもしれません

この馬は忘れてはならない馬になりますね
きっと覚えていなくても表舞台で華開かせていくでしょう

これからの活躍が楽しみな馬ですね
長く応援していきたいです



フィリアプーラ


この馬の血統・馬体からの評価ポイント

  • オーソドックスだが堅実な配合のハービンジャー×サンデーサイレンス
  • 脚先が柔らかく全身伸びやかな繊細で力強い馬体

高評価3頭目はこの馬

同配合にペルシアンナイトなどがいる
ハービンジャーの定番配合で重賞でも期待できる血統ですね

馬体も脚先が柔らかくセンス・才能を感じますし
ポテンシャルは重賞級のものがあると思います

高いレベルでバランスの良い馬
どの条件・コースでも力を発揮できそうです

課題といえばやはりまだ少し馬が若いところでしょうか
これから成熟してくれば楽しみな1頭で
出走予定だった有力人気馬たちの除外も
この馬に流れが向いてきているのかもしれません


次は穴馬2頭見ていきましょう~


アマーティ


1走1走実力を出してこの舞台へ準備を整えてきました
ルーラーシップ×フレンチデピュティの血統も
昨年オークス2着のリリーノーブルの
ルーラーシップ×クロフネと近い実績のある配合になります

クロフネの父がフレンチデピュティですし
重賞でも好走できる良配合の血統だと思います

ルーラーシップ産駒らしく長く力強い脚を使いますし
フレンチデピュティ・クロフネの底力で上位を狙います

チビラーサン


大駆け期待のケープブランコ産駒ですね
母はG2阪神牝馬S勝ち
ジュベナイルF3着の実績もあるサウンドオブハート

母父アグネスタキオンノンコノユメなど一流馬もいますし
楽しみな血統背景を持っています
展開が向けば面白い1頭だと思います


Remember Horse


      • アクアミラビリス
      • フィリアプーラ
      • グレイスアン


こんな感じでフェアリーSの重賞展望お送りしました
3日間競馬の記事、まだまだ更新していくのでお楽しみに!
レヴルでした~

この記事を気に入ったらバナーをポチッとお願いします




ラベル:3歳重賞
posted by レヴル at 20:48| Comment(0) | 重賞展望 VISTA TERRACE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。